フォトアルバム

Google

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

XL125Sエンジン、ボアアップ?=167cc Feed

2012年11月20日 (火)

2012.11.14 ハッピーファンエンデューロレース 1時間

2012.11.14 ハッピーファンエンデューロレース 1時間に出場してきました

レースは前日の雨で超マディー

13562699_1828792701_211large

少し走っただけで、こんな感じでドロドロ

今年は練習もせずにレースに出てばっかりで、良い成績を残せるわけも無く

リザルトは

1時間オープンクラス 27台中6位(張り出しリザルトは5位だった様な?)

11141hop

総合 95台中15位

11141hop50

11141hop51

ダメダメでした

来年は総合で一桁狙って頑張ります(タブン?)

 

二時間のスタートと1周目途中から2周目の動画を撮りましたので、よかったらどうぞ


YouTube: 2012.11.18 ハッピー ファン オフロード ミーティング 2Hスタート


YouTube: 2012.11.18 ハッピー ファン オフロード ミーティング 2H 1周目~2周目

2012年10月 2日 (火)

XL167S→XL194S ストロークアップ

前に壊れたエンジンを改変しますscissorsscissorsscissors

回りすぎなのか、パワーに負けたのか、XL125Sのクランクが壊れましたので、

XR200Rのクランクを使って、ストロークUPしたいと思いますupwardrightupwardrightupwardright

まずは、クランクを旋盤で軽量加工しますtyphoontyphoontyphoon

Xl1941_2

ノーマル状態deliciousdeliciousdelicious

 

Xl1942

片側加工typhoontyphoontyphoon

 

Xl1943

両側加工typhoontyphoontyphoon

 

Xl1944

軽量及びバランス加工goodgoodgood

 

Xl1945

ピストンもXR200Rの物を使用しますupdownupdownupdown

圧縮を上げる為に薄いヘッドガスケットを使用しますので、

スキッシュエリアを旋盤加工しますtyphoontyphoontyphoon

 

Xl1946

ピストンサイド、ノーマル状態deliciousdeliciousdelicious

 

Xl1947

ピストンをフライスで軽量加工typhoontyphoontyphoon

 

Xl1948

FTR223ヘッドに合わせてリセスはリューターで手彫り加工sign05sign05sign05

 

Xl1949

一旦組み上げて確認happy02happy02happy02

余裕でOKscissorsscissorsscissors

 

Xl19410

排気量が上がりましたので、オートデコンプを付ける為に

200用のキックスピンドルに交換coldsweats01coldsweats01coldsweats01

 

Xl19411

オートデコンプを動かすカムを装着smilesmilesmile

 

Xl19412

クラッチカバーを200の物に替えればいいのですが、

無いので125の物を加工する為のジグをフライスに取り付けcoldsweats02coldsweats02coldsweats02

 

Xl19413

TLR200のジャンクカバーより位置と高さを測りますsearchsearchsearch

 

Xl19414

同じ様に加工typhoontyphoontyphoon

 

表側のシールが入る部分も加工しましたが、画像取り忘れcryingcryingcrying

 

Xl19415

タコメーター取り出し口の出っ張りが不要なのでsign02sign02sign02

 

Xl19416

軽量加工typhoontyphoontyphoon

 

Xl19417

このマークも不要なのでshockshockshock

 

Xl19418

軽量加工typhoontyphoontyphoon

 

Xl19419

タコメーターキア支持部も不要なのでcoldsweats01coldsweats01coldsweats01

 

Xl19420

軽量加工typhoontyphoontyphoon

 

Xl19421

ヘッドカバーはXLR125を加工しますdangerdangerdanger

バイスで挟む時に平らな面が必要ですので、平らに加工typhoontyphoontyphoon

 

Xl19422

TLR200のヘッドカバーからデコンプワイヤー取り付け箇所の位置取りsearchsearchsearch

 

Xl19423

タップ加工typhoontyphoontyphoon

 

Xl19424

座面加工typhoontyphoontyphoon

 

Xl19425

続いてデコンプレバー部も位置取りsearchsearchsearch

 

Xl19426

コピー完了notenotenote

 

Xl19427

抜け止め部も位置取りsearchsearchsearch

 

Xl19428

コピー完了happy01happy01happy01

 

Xl19429

大気開放穴(ヘッドブリーザー)を加工typhoontyphoontyphoon

この位置が一番、オイル噴出しにくいですsign03sign03sign03

 

Xl19430

このエンジンはオイルラインを外回しにしているので、タップ加工typhoontyphoontyphoon

 

Xl19431

ここに貫通させますdangerdangerdanger

 

Xl19432

ニップル内部にオリフィス穴を旋盤追加加工typhoontyphoontyphoon

 

Xl19433

バルブタイミングを取りますsign05sign05sign05

 

Xl19434

デコンプワイヤーを取り付けて完成goodgoodgood

 

Xl19435

フレームとのクリアランス、ギリギリOKpasspasspass

動作もOKpasspasspass

 

Xl19436

リアブレーキのリターンスプリングの取り付け場所が無くなったので

市販品で誤魔化しhappy02happy02happy02

 

Xl19437

リア ブレーキ リザーバータンクも付か無くなったので移設wrenchwrenchwrench

 

Xl19438

このエンジンハンガーの寸法が変わったので、ジュラルミンプレートを

フライスで削り出して取り付けsmilesmilesmile

 

Xl19439

完成motorsportsmotorsportsmotorsports

 

Xl19440

で、いきなり全開sign03sign03sign03

6720×2=13440rpmbearingbearingbearing

ロングストローク、回りません(壊れなくて良いかも?)sign02sign02sign02

 

Xl19441

一時間レースで走った結果、最高油温は104℃と良い感じですspaspaspa

実用回転数も5407×2=10814rpmdownwardrightdownwardrightdownwardright

早めのシフトアップでグングン引っ張ってくれますnotenotenote

 

2011年10月18日 (火)

壊れました・・・

この前のレース途中で壊れましたngngng

Xl167sbg_2 

コンロッド大端部ベアリング破損、コンロッド曲がりcryingcryingcrying

さて、どうしようかなcoldsweats01coldsweats01coldsweats01

2011年2月20日 (日)

スプロケット、カバー

この前、マディーの時に走ったら、ドロだらけになったので、削って広げる事にrainrainrain

別にフライスで削らなくても良いのですが、せっかくなのでtyphoontyphoontyphoon

S1

汚かったので、ブラスト処理して取り付けhappy01happy01happy01

S2

エエ感じcoldsweats01coldsweats01coldsweats01

2011年1月28日 (金)

カム、ベアリング変更・・・

ベアリングを変更しますcoldsweats01coldsweats01coldsweats01

変更前は普通のベアリングを使ってましたが、高回転を多用すると、軽い焼きつき状態になりましたので、C3ベアリングに変更ですtyphoontyphoontyphoon

また、シール部に小さい穴を追加してベアリングに直接オイルが行く様にしますsweat01sweat01sweat01

K1

組立ましたscissorsscissorsscissors

ちなみに、内側は両方のベアリング共にシールは付いていませんhappy02happy02happy02

K2

穴を空けた部分を下にして組立ますwrenchwrenchwrench

K3

また、面倒ですが、バルブタイミングを取らなくてはなりませんdangerdangerdanger

K4

なかなかバルタイが出ないので面倒ですcryingcryingcrying

K5

これで、このエンジンのトラブルが無くなれば良いのですがsadsadsad

2010年12月20日 (月)

とりあえず・・・

一通り、フライスの調整が終わったので、試し削りtyphoontyphoontyphoon

Dscn1610

Dscn1611

Dscn1613

ムダ肉を削ってみましたgoodgoodgood

2010年11月28日 (日)

しゅうり?かいりょう?

この前のレースでカジった、メタルをベアリングに変更しますsweat02sweat02sweat02

まずは、不要なTLR200のカムからホルダーを切り出しますthunderthunderthunder

3

内径、端面を旋盤で仕上げますtyphoontyphoontyphoon

4

今度はXR200Rのカムを加工しますsign05sign05sign05

結構、一杯加工しなくてはならない上、カムは固いので大変ですwobblywobblywobbly

5

反対側も加工しますsign04sign04sign04

6

パーツが完成しましたscissorsscissorsscissors

7

組立ましたwrenchwrenchwrench

8

良い感じですhappy01happy01happy01

9

再度、バルブタイミングも取りましたtyphoontyphoontyphoon

一様、エンジンが、かかる所まで確認した所で時間ギレshockshockshock

直ったかなcoldsweats01coldsweats01coldsweats01

2010年11月23日 (火)

エンジン確認・・・

エンジンをバラシましたwrenchwrenchwrench

多分、このメタル部分が焼きつきかけたかと思いますspaspaspa

1

対策は、時間が有るので、ゆっくり考えますthinkthinkthink

ピストン、シリンダーも確認しましたが、大丈夫でしたcoldsweats01coldsweats01coldsweats01

最高回転数16800rpmをマークしてましたので、バルブがピストンに

当たってないか確認しましたが、大丈夫でしたhappy01happy01happy01

2

2010年11月22日 (月)

2010/11/21ハッピー ファン オフロード ミーティングinプラザ 阪下

行ってきました、ハッピー最終戦豚汁大会noodlenoodlenoodle

1_2 

今回は二時間に出場しましたdashdashdash

ナゼかと言うと、信州からozawaさんが来ますので、同じレースに

でも、まともに戦っても勝てないので、オープンクラスにエントリーscissorsscissorsscissors

スタート順がクラス別ですので、先行逃げ切りねらいでsign04sign04sign04

スタートで2分程度の差が出るはずですgoodgoodgood

一時間目のリザルトですdashdashdash

2

3

4

一時間経過後、総合で私7位、ozawaさん8位happy02happy02happy02

すぐ後に、つけられてますcoldsweats01coldsweats01coldsweats01

この後、1時間15分の時に給油の為、ピットにgasstationgasstationgasstation

ちょうどピットアウトする時に抜かれましたdashdashdash

その後、追いかけるも追いつかずsweat01sweat01sweat01

エンジンの調子が、なんだかおかいしngngng

だましだまし走ってましたが、ついにエンジンストップでリタイヤcryingcryingcrying

(軽いヤキツキの症状みたいな感じ???)

ダメダメでしたshockshockshock

で、結果は↓↓↓

6

7

8

ozawaさん、怪人さん、おめでとうmotorsportsmotorsportsmotorsports

9

二度と無い、ツーショットかもね、カイヂンさんbeerbeerbeer

5

この回転数でエンジンが壊れた原因でなければ良いのですがwobblywobblywobbly

数字は最高回転を示していますが、8400rpmでは無く、この車両は

ニ回転に一度しか点火しないので、8400×2=16800rpmtyphoontyphoontyphoon

バルブがピストンに当たっていなければ良いのですがcryingcryingcrying

多分、この数値が出た瞬間はギア抜けした時の物だと思いますdangerdangerdanger

2010年10月 8日 (金)

うえ・・・

上側はココに入ります

65a

で、ココの中にオリフィス穴を設けています

66