フォトアルバム

Google

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 2012年4月 | メイン | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月 2日 (火)

XL167S→XL194S ストロークアップ

前に壊れたエンジンを改変しますscissorsscissorsscissors

回りすぎなのか、パワーに負けたのか、XL125Sのクランクが壊れましたので、

XR200Rのクランクを使って、ストロークUPしたいと思いますupwardrightupwardrightupwardright

まずは、クランクを旋盤で軽量加工しますtyphoontyphoontyphoon

Xl1941_2

ノーマル状態deliciousdeliciousdelicious

 

Xl1942

片側加工typhoontyphoontyphoon

 

Xl1943

両側加工typhoontyphoontyphoon

 

Xl1944

軽量及びバランス加工goodgoodgood

 

Xl1945

ピストンもXR200Rの物を使用しますupdownupdownupdown

圧縮を上げる為に薄いヘッドガスケットを使用しますので、

スキッシュエリアを旋盤加工しますtyphoontyphoontyphoon

 

Xl1946

ピストンサイド、ノーマル状態deliciousdeliciousdelicious

 

Xl1947

ピストンをフライスで軽量加工typhoontyphoontyphoon

 

Xl1948

FTR223ヘッドに合わせてリセスはリューターで手彫り加工sign05sign05sign05

 

Xl1949

一旦組み上げて確認happy02happy02happy02

余裕でOKscissorsscissorsscissors

 

Xl19410

排気量が上がりましたので、オートデコンプを付ける為に

200用のキックスピンドルに交換coldsweats01coldsweats01coldsweats01

 

Xl19411

オートデコンプを動かすカムを装着smilesmilesmile

 

Xl19412

クラッチカバーを200の物に替えればいいのですが、

無いので125の物を加工する為のジグをフライスに取り付けcoldsweats02coldsweats02coldsweats02

 

Xl19413

TLR200のジャンクカバーより位置と高さを測りますsearchsearchsearch

 

Xl19414

同じ様に加工typhoontyphoontyphoon

 

表側のシールが入る部分も加工しましたが、画像取り忘れcryingcryingcrying

 

Xl19415

タコメーター取り出し口の出っ張りが不要なのでsign02sign02sign02

 

Xl19416

軽量加工typhoontyphoontyphoon

 

Xl19417

このマークも不要なのでshockshockshock

 

Xl19418

軽量加工typhoontyphoontyphoon

 

Xl19419

タコメーターキア支持部も不要なのでcoldsweats01coldsweats01coldsweats01

 

Xl19420

軽量加工typhoontyphoontyphoon

 

Xl19421

ヘッドカバーはXLR125を加工しますdangerdangerdanger

バイスで挟む時に平らな面が必要ですので、平らに加工typhoontyphoontyphoon

 

Xl19422

TLR200のヘッドカバーからデコンプワイヤー取り付け箇所の位置取りsearchsearchsearch

 

Xl19423

タップ加工typhoontyphoontyphoon

 

Xl19424

座面加工typhoontyphoontyphoon

 

Xl19425

続いてデコンプレバー部も位置取りsearchsearchsearch

 

Xl19426

コピー完了notenotenote

 

Xl19427

抜け止め部も位置取りsearchsearchsearch

 

Xl19428

コピー完了happy01happy01happy01

 

Xl19429

大気開放穴(ヘッドブリーザー)を加工typhoontyphoontyphoon

この位置が一番、オイル噴出しにくいですsign03sign03sign03

 

Xl19430

このエンジンはオイルラインを外回しにしているので、タップ加工typhoontyphoontyphoon

 

Xl19431

ここに貫通させますdangerdangerdanger

 

Xl19432

ニップル内部にオリフィス穴を旋盤追加加工typhoontyphoontyphoon

 

Xl19433

バルブタイミングを取りますsign05sign05sign05

 

Xl19434

デコンプワイヤーを取り付けて完成goodgoodgood

 

Xl19435

フレームとのクリアランス、ギリギリOKpasspasspass

動作もOKpasspasspass

 

Xl19436

リアブレーキのリターンスプリングの取り付け場所が無くなったので

市販品で誤魔化しhappy02happy02happy02

 

Xl19437

リア ブレーキ リザーバータンクも付か無くなったので移設wrenchwrenchwrench

 

Xl19438

このエンジンハンガーの寸法が変わったので、ジュラルミンプレートを

フライスで削り出して取り付けsmilesmilesmile

 

Xl19439

完成motorsportsmotorsportsmotorsports

 

Xl19440

で、いきなり全開sign03sign03sign03

6720×2=13440rpmbearingbearingbearing

ロングストローク、回りません(壊れなくて良いかも?)sign02sign02sign02

 

Xl19441

一時間レースで走った結果、最高油温は104℃と良い感じですspaspaspa

実用回転数も5407×2=10814rpmdownwardrightdownwardrightdownwardright

早めのシフトアップでグングン引っ張ってくれますnotenotenote