フォトアルバム

Google

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

« 2005年7月 | メイン | 2005年9月 »

2005年8月

2005年8月31日 (水)

ファニー!

_dkcfzfh 毎度お馴染みのあやしげなツーショット。グラマラスな後ろ姿はBW80さんです。似た色合いで兄弟のように見えるマンキ君と並べるとそのボリゥムがいっそう際立ちますね。

怪人さん

Dhhagx56
怪人さんはオシイが登れず・・・
shockでも、二周目はXR100Rの軽さを武器に怪力で持ち上げクリアーsmile
恐るべし、怪人さん。

私にはマネできましぇーん。。。

2005年8月30日 (火)

親分。

Vav067kr
ぶい字だにの別れ道を右に折れた所のステアーdanger、、、

さすが親分、一発クリアー

私はダメダメ・・・(カメラマンの為、写真なし)

2005年8月29日 (月)

日曜び、おやま♪

Xtjol1l3
日曜日はお疲れ様でした。sign01

蒼さんの案内で某山に行く予定でしたが、案内人の蒼さんが、、、
coldsweats02青っぱなを出してダウン・・・shock
代わりに親分さん・XR海苔さん・弟さんの案内で、私と怪人さんが某山に挑戦・・・foot

ここは最初のdanger難関のぶいじ谷、、、2メートルはあるかな・・・
えらく圧迫感があります。。。dash

(写真は怪人さん)

2005年8月27日 (土)

回想。

今晩の探〇ナイトスクープ温泉探しネタがあった。 今日100Rが復活したので、試運転がてら「おやびん」の店まで遊びにいった。 そこで北海道ネタが少しでた事もあり、北海道放浪の折り地図上の温泉探しを敢行したのを思い出した。川の中から湧き出ているらしいたも見落としに注意してひたすら歩いた。 なぜか時々、隊列の頭と尻尾が入れ替わって進んでいた。参加者全員が熊に対する恐怖で不自然にならないよう後退⇔前進を繰り返していたのだ。 今想えば別に前後から現れるわけではないのだけどね。結局、温泉は見つからずじまい・・・今となっては楽しかった思い出のひとつです。

2005年8月25日 (木)

晴れて・・・

やっと自由の身になりました。怖れていたのはこの時期失業するという事は北海道にいらっしゃーい!みたいな・・・誘惑が聞こえて来る。かつて北海道浮浪者だった者としては心ならずも戦わ(ウキウキし)ないとなんねーか。さいはての地で出会った仲間達、常日頃つるんでるダチ公も交え違う場所で新たな仲間を加えて更なるフィールドを拡げるも良し。あぁ、選択がぁ。

2005年8月18日 (木)

なつかしい写真、発見。。。

9mmyf5g_
さて、だれでしょうsign02sign02sign02

この時はこの二人が組んで一緒に走るなんて、だれも思わなかったでしょう。。。

2005年8月16日 (火)

ちっちゃいノコ。

Zwbkxim6
で、これがちっちゃいノコギリです。
鳥取のヤツとはえらい違い・・・
ノコは大きいやつほど、ノコギリの形が格好良くなります。
ちっちゃいとノコがまっすぐです。

ぷちぷち?れろ?

今日は一日ひまだったので、XL80Sで近所をお散歩smile
と、カブトがいそうな所の探索してきました。sign01
家を八時に出て、帰り着いたのが四時・・・sun
私の住んでいる市と隣の二つの市を探索
山の中は結構涼しいですが、交通量の多い道路はアツイdash
結構色々発見が有り、面白い一日であった。。。
途中、盆休みで誰も居ない工事現場が・・・
ヤッパリ、ぷちってしまい、ぷちなげを・・・してしまった。shock
ブーツも履いていない・・・
当然、ガード類も無し・・・
まっ、人間はこけて無いので、よしとしておこう。。。
でも、あの工事現場は楽しい場所じやー。
山奥なので人も居ないし、ヒルクライムが出来る場所がいっぱい。
また、いってみよnote

で、今回の収穫ブツは・・・こんな感じです。
ミヤマがいっぱいとカブトがメス二匹、コクワが八匹sign02ぐらい。
と、ちっちゃいノコギリのオスと・・・
Pnlp4plh

2005年8月14日 (日)

ダチ公その�

今日、何ヵ月かぶりに京都在住の友人が訪ねてきた。彼とは某油脂メーカー主催のレースで知り合ったのだが、10回ほどしか会った事がない。ここの主人であるFujii氏もそうだったが、初めて会ったのにバイクライフを送り始めた当時からず〜っとつるんでいたような気がしてならない。人に自分の送ってきたバイクにまつわる回想い、現在に繋がる流れを語るとき頭に浮かんで来る情景とそいつの口から出てくるコトバが、重なってしまう。ただ「俺もあーだった!こーだった・・」と過去を語るのではなく、タイムスリップして現在が20数年前のあの学校帰りの河川敷であるかのような。ここ10年の間に俺に影響を与えた者の双璧をなす一人だろう。これを読んでいる皆さんのまわりにもそんなオヤヂはいませんか?なかなか都合が合わず信州には連れ出せません。埋もれさせておくにはあまりにおしい。是非とも参加していただきたい御仁です。